色は匂へど散りぬるを題

い  色香に負けるは青二才
ろ  路地裏通り
は  果て無き旅路は永遠の道
に  逃げ水の揺らめく日
ほ  崩壊の隙間
へ  屁理屈ばかりの自堕落
ど  友を呼ぶ声

ち  力無き抵抗
り  輪廻は途絶へず、明日に繋がる
ぬ  濡るる顔
る  流転は微かに始まりけり
を  幼心地

わ  我が君を絶対遵守
か  垣間見た真実
よ  夜を昼になす
た  たとえ行く先を知らねども
れ  麗姿は華やけきこと限り無し
ぞ  空に絵を描く赤蜻蛉

つ  辛くとも負ける事なかれ
ね  ねんねんころり
な  仲良き事は美しきかな
ら  落胤の烙印
む  無垢なる瞳は疑いすら知らず

う  浮き雲の憂きに堪へず
ゐ  何時しか再び
の  軒の玉水一粒つたふ
お  己が誓いは守りぬく
く  狂ひ壊れた歯車よ
や  八重桜散りし後
ま  待ち人、来ず

け  懸想中の身なれど
ふ  吹く風に光を見る
こ  心化粧
え  英雄になりたしと願いけり
て  天下に一人の想ひ人

あ  蒼き空に別れの調べ
さ  されど記憶は消えず
き  消え惑う空蝉
ゆ  弓張り月に涙浮かべて
め  冥土の土産
み  見えぬ気持ちを確かに知る
し  仕合わせ

ゑ  閻魔王を見たり
ひ  ひらひらと舞う蝶の如く
も  望月と餅突き
せ  千載一遇の巡り合わせ
ず  澄み渡る空に捧ぐ